2005年11月18日

「笑傲江湖」=学園モノ?令狐冲は番長か?

笑1.jpg

いつも書いてる記事はスジを追ってばかりなので、ちょいと感想書いてみます。

「笑傲江湖」は学園もので、正派と邪派は対立する学校のそれぞれの番長たちの喧嘩ではないのか、という見方をしてみました。令狐冲は派閥から外れてしまった一匹狼で、聖姑様はスケ番であると。一応これは昔の番長モノ漫画をイメージしております。

「天龍八部」に耽溺した身でこの「笑傲江湖」観始めたら、最初は何だか間延びして感じられ「このまま観続けきれるだろうか?」と正直心配しました。
主人公・令狐冲は「射[周鳥]英雄伝」で見知った李亜鵬ですが、はっきりと愚直さを表現していた郭靖と違って、かっこつけてはいるが、まだまだ成長過程という感じで頼りないし、ふざけたり落ち込んだりが激しいし、深い愛情で結ばれていた黄蓉と違って、岳霊珊はどうも心変わりが悲しいし、師匠だって郭靖の師匠たちと違っててんで令狐冲を信じてくれていないし、正派と邪派は(最初は)名前とやってることが逆みたいだし。
なかなかのめりこんでいけないモノがありました。
でも令狐冲の苦しみを観ていると何だか次第に感情移入してしまいましたね。「天龍八部」の主人公たちの運命はあまりにも過激ですが、令狐冲の苦悩は「大好きな先生やガールフレンドに誤解をされてしまった」という身近なものですね。岳霊珊が綺麗な服に着替えてね、と持ってきても「俺は師娘が作ってくれた普段着がいい」なんて言ってすねてみせたり、酔っ払ったり、とても解りやすい性格です。
今まで凄いカリスマ性を見せてくれてた聖姑様も令狐冲を好きになったら急に女の子になってしまって顔も可愛くなってしまいます。お婆さんに化けていたのに、令狐冲に顔を見られてからは声まで可愛くなってしまいました。
そこで、まだ途中だからわかりませんが、「笑傲江湖」って学園もの。という仮説をたててみました私。つまり、凄い強いスケ番がけんか相手の番長(というか今は群れを離れて一匹狼になってる男)を好きになったみたいな(古い(-_-;)
令狐冲って昔の番長っぽいんだもの。(今の若い人にはわかりにくい比喩だろうが)
いまから東方不敗も出てくるんでまた印象変わるかも知れませんが、そういう妙な妄想を抱いてしまいましたよ。
posted by フェイユイ at 23:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 笑傲江湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良い解釈ですね。
武侠的アクション描写を取り込んだものとしては火山高みたなのもありますが・・・。

ジュブナイルが懐かしい世代としてはおバカな学園アクションモノとか欲しいですね。
Posted by fince at 2005年11月19日 01:26
おお!そう言っていただけるとうれしいです!(*^_^*)
そうですね、「火山高」がありましたね。大好きな映画です。
Posted by フェイユイ at 2005年11月19日 22:20
こんばんわ

>「天龍八部」に耽溺した身でこの「笑傲江湖」観始めたら・・・
もう師姐がいわれてる事一字一句全く同じです。

>妙な妄想を抱いてしまいましたよ
ははは、なかなか面白いですね。師姐も妄想を楽しむんですね。
Posted by at 2005年12月24日 18:27
いやいや、妄想ばかりでございますよ。ところでどなた様でしょうか(笑)多分・・・?
Posted by フェイユイ at 2005年12月25日 00:07
こんばんわ

>ところでどなた様でしょうか(笑)多分・・・?
お見通しのとおり遠志でございます。スイマセン(^_^;)

Posted by 遠志 at 2005年12月25日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。