2005年11月25日

笑傲江湖・第二十一集 後半

次の日、兄弟の契りを交わした向問天と令狐冲は怪しげな商人と放蕩息子と言ういでたちで旅立った。

しゃれた佇まいの「梅荘」と言う屋敷についた。固く閉ざした門を叩くとこわもての門番が出てくる。向問天は崋山派と嵩山派の者だと偽り、江南四友に会いたいと頼む。断ろうとする門番に何やら書物を取り出し、四荘主に渡して欲しいとさらに頼む。戻ってきた門番は二人を中に招き入れたのだった。

四荘主に会った二人は嵩山派の童化金と崋山派の風二中と名乗る。
「梅荘」の四兄弟はそれぞれ大兄は音楽、二兄は碁が、三兄は書道、四番目は絵が好きで詳しいと言う事らしい。童化金(向問天)は皆が欲しがるようなお宝(楽譜・棋譜・書・画)を持ってきたのだった。しかもそれが欲しければ風二中(令狐冲)と剣法で戦って勝たねばならない。その際、内功は使ってはならない(令狐冲は内功が無くなってしまっているからね)と申し出たのだった。お宝を前に(部屋にこもっている大兄を除いて)3兄弟は向問天の誘いに乗ってきてしまう。
だがまずは門番がやればよいと言う事になり剣を合わせるが、あっという間に令狐冲の剣は門番を負かしてしまう。可哀想に門番は罰として西域まで酒を取りに行かせられることになった。
続いて四弟が戦うがやはり勝てず、三兄は頭にちんまり筆を載せた髪飾りがいかしてるし(おかしくて噴出してしまったじゃないか)大きな筆で空に字を書いて戦うが令狐冲には勝てない。筆の毛がはらはら落ちて気の毒だった。
二兄は碁で勝負だと飛んで碁盤の前に座る。この時二兄の飛んだ影が陰陽の模様になるのが凄い。二兄ははっしはっしと令狐冲めがけて碁石を跳ね飛ばす。が、令狐冲は全てをかわして剣ではじく。見ていた向問天がこの勝負は引き分けとしよう、と言い令狐冲はではもう戦いはやめて酒にしよう、と言う。が、四弟、三兄は承知せず、どうしても大兄と勝負せよ、と言う事で令狐冲、しぶしぶ音楽好きの大兄の部屋へ向かう。

大兄はかなりお年上である。「ここには剣はない。蕭と琴で勝負したい」と言う事で蕭を手にした令狐冲に大兄は琴の玄をかき鳴らし、不思議な音波ででもあるのだろうか、次々と令狐冲に襲い掛かるが令狐冲は全く動ぜず蕭でそれらの音波を受けてたつ。
大兄はさすがに疲れ果て大汗をかいて力尽きる。
大兄は江湖を離れて十数年すっかり井の中の蛙になっていたと言い、令狐冲が爽やかで武侠の鑑であると褒め称える。令狐冲は宝は皆さんにあげられるよう頼んできます、と言って向問天に願い出るが向問天は「負けは負けだ」と言ってさっさと帰ろうとしてしまう。
令狐冲は向問天に、一体何をしに来たのです。とちょっとむっとする。向問天は「大丈夫、また来るさ」と言うと果たして四弟が追いかけてきて「食事も出さず帰しては申し訳ない。是非また戻って欲しい」と話しかける。
向問天は大笑い「目的は食事だけじゃないだろう」四弟「実はもう一人戦える者がいるのだ」令狐冲は断るのも悪いですよ、ということで二人は再び梅荘の中に招き入れられたのだった。

こんなとこで終わられては。一体どういうことなんだろう。向問天はここに来たからにはわかっているのではないのでしょうか?
しかし三兄の筆の髪飾りは笑ったよ。大兄様の琵琶の髪飾りも可愛いね。

今までずっと落ち込んでばかりだった令狐冲。向問天と会えて、剣術試合して楽しそうです。巴音さんの向問天に惚れましたわ〜揺れるハート

出演:李亜鵬(リー・ヤーポン)(令狐冲)許晴(任盈盈)李解(林平之)孫海英(田伯光)陳麗峰(儀琳)彭登懐(余滄海)李勤勤(定逸師太)巍子(岳不群)苗乙乙(岳霊珊)
posted by フェイユイ at 21:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 笑傲江湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お笑い4兄弟の巻は面白かったです(笑)。それぞれ技が技なんですが、あれって内功とかと関係ないんだったらなんでしょうね。奇術?(^^;笑えるからありですけど。

大兄のジャイアン・リサイタル攻撃(←違います)を受けてたつのに、冲児は東邪みたいに蕭を使うと思ったら、そこまではできなかったようで(^^;。

しかし、この作品の登場人物の髪飾り画像集、作ったら面白いでしょうなあ。
Posted by サンタパパ at 2005年11月30日 21:05
この四兄弟の話だけ独立してるみたいでおかしいですね。
とにかく筆の髪飾りがツボでした。ヘア・メイクさん偉い!(髪飾り作りさん?)
大兄さんはお年のせいか大変お疲れで気の毒でした。
Posted by フェイユイ at 2005年12月01日 00:13
三兄の書道技うれしかった。顔真卿の裴将軍の字大好きなんですよ。きっと金庸さんも好きだったんだろうなぁって。(^○^)
Posted by 格瓦拉 at 2006年01月08日 16:49
ひゃああ。格瓦拉さんも際限なく知識豊富な方ですね。全くここへ来てくださる方の頭脳には感心するばかりです。
私も覗くぐらいやってみないと・・・汗。
Posted by フェイユイ at 2006年01月08日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。