2006年02月08日

「康煕王朝」陳道明/斯琴高娃 第4・5集

シュエンイエ(康煕帝)の父・順治帝は愛妃を天然痘で失ってから行森大師の勧めもあって出家を決意する。母・孝庄皇太后は皇帝にあるまじき行為として引き止めるのですが順治帝の決意は固くついに出家を決行される。
孝庄皇太后は失意に沈むがただめそめそと泣くばかりの皇太后ではない。臣下に「皇帝は崩御されたのだ」と公表するように申し付ける。史実、初代清朝皇帝は愛妃の死後一ヵ月後に崩御され、謎として伝えられているらしい。また皇帝の死後(出家後?)やっと皇后になれたシュエンイエの母もその2ヵ月後に亡くなっている。
シュエンイエは僧となった父に「釈迦も達磨太子も王の座から出家した方たちだそうです。行痴師匠(父)も是非そんな方になられるでしょう」(小さいのに賢い王子様だ)父である行痴師匠もシュエンイエに立派な皇帝になられるよう頼むのでした。

こうして1661年、8歳のシュエンイエは康煕帝となった。
早速4人の大臣が皇太后を訪ねてきて康煕帝の漢人の教師にいちゃもんをつけ出す。皇太后は反論するがあえて押し通しはしなかった「これは始まりにしか過ぎない。彼らは今後ますます様々な要求をしてくることだろう。だが耐えなければならない」

10代前半となった康煕帝は出廷して大臣達の陳情を聞くがまだ命令する事は許されていない。4人の大臣達は3派に分かれてせめぎあっていた。
だが皇太后は4人が手を結んでしまうより互いに睨み合っているほうが好都合なのだ、と教える。その方が皇帝に頼っているからだと。
だが、いがみ合う臣下たちに年若い康煕帝は力のなさを実感し、苛立つ。4人の大臣は康煕帝はただの飾りだと馬鹿にしているのだ。
側近である東亭は康煕帝の漢人である教師の息子なのだが、そんな大臣達の態度に不満を申し立てる。だが、康煕帝は忍耐が必要だ、いつか自分が采配をふるえるようになった時、彼らを処罰する、と言う。教師は賢明なお考えだと賛成する。
美しく育ったスマラグも康煕帝に忠実に仕えていた。スマラグもまだ若い皇帝に助言をする賢い娘だった。

大臣らは康煕帝の警備兵を捕らえて別の警備兵をつけた。これには康煕帝も怒った。一計を案じ彼らに「二手に分かれて闘え」と命じる。仕方なく兵達は仲間同士で殴りあいつかみ合った。疲れきったところで止め、康煕帝は側近・東亭に警備兵を任せると命じた。
大臣達が警備をつけるならこちらも警備兵をいじめるまでだ、と康煕帝は言い、東亭に明日から刀をつけて出廷せよ、と申し付ける。

次の日朝廷では二人の大臣が出廷していなかった。怒る康煕帝にもう一人が「腰痛のため休みたい」と申し出る。康煕帝は承知するしかなかった。

大変思慮深い康煕帝ですが、それでも朝廷の大臣達相手にはまだまだ幼いようです。
それにしても皇太后の明晰さはかっこいいです。
歴史上は順治帝は若くして崩御となっているわけなのでしょうね。実は出家していたという推理なのでしょう。
康煕帝は小さいときも可愛いし、少年になってからも綺麗な顔立ちの子が演じてますね。この後が陳道明でしょうか。
スーチン・ガオワーさんはほんとに皇太后のような風格です。


posted by フェイユイ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 康煕王朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

「康煕王朝」陳道明/斯琴高娃 第2・3集

なかなか無料ドラマを観るのは根気がいるのですが(笑)頑張って2・3集観ました。

あらすじは昨日の記事にしたのですが、まだ陳道明にならない小さなシュエンイエ(康煕帝)は皇帝の子供だけあって、お付きの者におしっこを頭からかけてしまうし(当たり前のことなのでしょうが)勉強なんか大嫌いなのですが、それでいて思いやりもある賢い子供です。
父・順治帝は息子達の勉強の出来具合を試験するのですが、その中でもシュエンイエは抜群の出来でした。

順治帝にはシュエンイエの母親で皇后になるであろう后がいるのですが、別に年上の愛妃がいて特別に寵愛していました。勿論、シュエンイエの母親后はおもしろくありません。
そんな折、こともあろうに愛妃とシュエンイエが続けて天然痘にかかってしまいます。ちょうどその時、孝庄皇太后を婆婆(ポーポー・令狐冲が呼んでいたように)と呼ぶ平民の女の子が女官として召し抱えられます。孝庄皇太后に「スマラグ」と名づけられた女の子は一度はシュエンイエの病を「天然痘です」と告げたために「病気を持ってきた」と言われ生き埋めにされそうになります。が、シュエンイエの側近(?)である少年が孝庄皇太后にスマラグの死刑を止めさせる様しむけました。
宮殿を出されたスマラグは天然痘に効くというジジ草と言うのを摘んできて命と引き換えにする覚悟でシュエンイエに薬草を飲ませます。
それが効いてシュエンイエは命を取りとめ、スマラグは改めてシュエンイエの姉であり、側に仕えるよう言い渡されたのでした。
一方、順治帝の愛妃は命を落としてしまいます。孤独な皇帝のただ一人の理解者で心の拠りどころだった愛妃を亡くした順治帝は僧・行森の勧めもあって出家を決意します。

無論、母・孝庄皇太后はこれに反対し大師に相談します。大師は孝庄皇太后の意思に賛成し弟子・行森を諌め皇帝陛下を諭す事を約束したのでした。

このブログのカテゴリ「西太后の紫禁城」でも太后をやったスーチン・ガオワーですが、こちらの方が若いですね。まだふっくりして色気があります。
小さな康煕帝であるシュエンイエ(玄[火華])は父親思い、お婆様思いの賢い子です。家来にはおしっこかけますが。

愛新覚羅一族、女真族・金国の流れである清と漢人との位置。
順治帝の愛妃は漢人であり、皇帝の息子達の教師はみな漢人であるらしい。
posted by フェイユイ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 康煕王朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「康煕王朝 」ドラマ

「康煕王朝」出演 : 陳道明/斯琴高娃/安亜平/劉釣
監督 : 陳家林/劉大印

本作は康煕帝の一生を描き、中国・台湾・香港で人気を博した大河ドラマ。中国悠久の歴史のなかで、康煕帝もまた偉大な皇帝の1人だった。多額の制作費を投じ、最高の俳優陣と中国全土でのロケによって完成した「康煕王朝」
清の順治18年。天然痘によって順治帝の寵妃も世を去り、順治帝は出家を決意。孝庄皇太后は皇帝の決裁を停止して臨時態勢を取ると、8歳の玄曄を康熙帝として即位させ、新時代を切り開いた。だが康煕帝の即位後、鰲拜らが勢力を伸ばし、王朝崩壊の危機が訪れる。康煕帝はついに鰲拜らの粛清に乗り出すのだが…。(yesasiaより)
というものですが、DVD日本語版など買ったらめちゃ高いのですが、老師が「無料で観れるよ」と教えてくださったので早速チェック。

完全無料放送「GYAO」というものです。勿論無料の代わりに広告を観ねばなりませんが。
視聴は各自の責任においてご覧くださいませ。

一話のみ今日は観ましたが、スーチン・ガオワーさんはやはりよいですねー。迫力あります。連れて行かれた女の子がどうなったのか気になります。
陳道明が見たいのです。これから楽しみにちょこちょこ観ていこう。

他には今、レスリー・チャンの「武林世家」、チョウ・ユンファの「上海灘」、映画チャンネルで「魚と寝る女」などがあります。
posted by フェイユイ at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 康煕王朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。