2006年03月28日

「グッド・ウィル・ハンティング」ガス・ヴァン・サント

グッド・ウィル・ハンティングa.jpgグッド・ウィル・ハンティング.え.jpgグッド・ウィル・ハンティング.jpgグッド・ウィル・ハンティング.b.jpgグッド・ウィル・ハンティング.贈.jpgグッド・ウィル・ハンティング.d.jpgグッド.jpg

改めて書きます。もう私としてはマット・デイモンを見ていたのか周杰倫を観ていたのか混同してわからないほどになってきたので、これはあくまでもマット・デイモンの主演ということで書いてみます。

かなり殴り書きの取り留めない話になると思うのでご容赦を。

それほどまで思ってなかった、と書いたマット・デイモンですがこの映画を再鑑賞して惚れこんでしまいそうです。
監督がゲイであるガス・ヴァン・サントということもあるのだろうか、それともそういう資質の持ち主なのかマット・デイモン演じるウィルはかなりゲイ的なニュアンスを感じさせる登場人物である。
と言っても物語的にはなんらそういう部分があるわけではない。
ウィル青年の持つ繊細な神経、内気そうな表情がそんな雰囲気を出しているのだろうか。

人物設定が普通人とはかけ離れた明晰な頭脳の持ち主であるのにも関わらず、過去に受けた心の傷のために他人との触れ合いができない青年であるとなっている。そのために学業にも仕事にも恋愛にも積極的な行動を取れないのだと。ストーリーが面白いので引き込まれて観てしまうが、かなり現実離れしている感もある。ちょっと少女マンガ的というのか、そんな感じ。
とても頭のいい感のある脚本なんだけど、かなり甘い部分もあるのだよね。(何しろ脚本がマット・デイモンとベン・アフレックなのだ)
だがまあそれは一種の例えであって判り易く極端に設定した、と思えばいいんだろう。それにしたっていい先生に出会えて、愛してくれる彼女ができて、心からウィルの人生を心配してくれる親友もいるんだから考えたらかなり幸福な青年ではある。それを打ち消すためのバランス配合として幼い頃に酷い虐待を受けた負い目を持つということになってると考えてはいけないか。
と言うと、なんだか反感を持って書いているようだが、とんでもなくその逆で主人公に大いに共鳴できると思えたのであった。
勿論、自分がこんな大天才と肩を並べられるわけではない。なのだが、妙に突っ張って、心を開けず、自分を偽ってしまうということ。過去に負った傷が性格をゆがめてしまっていることなどは誰でも共感できる心理なのではないだろうか。

現実にこんな教師や友達に出会えるとは限らない。
もっと辛い時期を長い間耐え抜いていかなければならないかもしれない。ウィルはそれに気づいたのが21歳の誕生日だった。充分すぎるほど若い。実際は中年過ぎてもどうだかわからない。
それでも同じような魂を持つと感じる者はウィルに共鳴してしまうだろう。

ラスト。ウィルはせっかく手に入れた「いい仕事」を捨てて傷つけてしまった恋人のいるカリフォルニアへと向かう。
彼は結局敗残者となってしまうのか。答えは否だろう。そう信じさせるいいラストシーンである。

出番はそう多くないがウィルの親友チャッキー演じるベン・アフレックがとてもかっこいいです。金もないのに物凄いおんぼろ車をプレゼントするのが最高。「お前が突然いなくなるのが俺の夢だ」と言うセリフの泣かせる事よ。

ロビン・ウィリアムズはまったく持っていつもの彼ですね。小さな熊さん的風貌。あの泣き出すような笑顔。みせてくれます。

マット・デイモンは若い魅力を溢れさせてます。といってもハンサムなのかそうじゃないのか判んなくて体つきもなんだかどてっとしてシャープじゃないし、そういうところがとても好きです。
そして時折、はっとするほど美しい表情になるのですよね。ゲイであるガス・ヴァン・サント監督の思い入れなのかぞくっとするほど色っぽかったり。でもなんか変な顔にもなるし。その辺の不安定さが魅力的ですね。

監督:ガス・ヴァン・サント 脚本:マット・デイモン、ベン・アフレック出演・マット・デイモン、ロビン・ウィリアムズ、ベン・アフレック
1997年製作 アメリカ


posted by フェイユイ at 00:28| Comment(2) | TrackBack(1) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

「グッド・ウィル・ハンティング」におけるマット・デイモンと台湾のR&B歌手・周杰倫

ナンだか「アジア以外の国」が続いて申し訳ない。何となく浮気しているようで落ち着かないのだが、まだまだアジア系で行くつもりなのでご心配なく。

とは言え、何故これかと言うと、勿論、「ブラザーズ・グリム」のマット・デイモンが出ているからで(しかも同じ「ウィル」と言う名前!)またこの映画の監督はガス・ヴァン・サントであるからして次はリヴァー・フェニックスとキアヌーを観ねばならなくなり、きりがないのである。

一応この映画は以前テレビで後半を観ていた。マット・デイモンがなかなかよいな、と印象に残っていた。
が、今回観直して衝撃を受けたのだった!

周杰倫(ジェイ・チョウ)にそっくりだ!!!!

うーん、これは両方知っている人じゃないとわかんない。特にジェイは今のとこ役者とは言い難い(失礼)ので普通の人(って言うのも変だが)には判らないだろう。
でもこの表情、このしぐさ、ジェイそのものではないか?!
まだ私はマット・デイモンの映画をそれほど観たわけじゃないので、マット・デイモンとジェイが似てるのか、主人公ウィルとジェイが似てるのか判らない。
単なる想い過ごしかも知れない。

特にこの物語のウィルは天才だが心を開かない、という役なのでますますジェイと重なってしまう。ちょっと人を小ばかにしたようなでも内気な表情がジェイを思わせる。

とにかくこの感想は知ってる人だけわかる、と言うものでありますがね。

あの笑顔があんまりよくなくて卑屈そうに笑うのが特によく似てるなあ。にやあっていうの。

列車の窓から外を見ている様子なんてジェイそのものだもん。
果たして?
ジェイはマット・デイモンの演技を取り入れているのか、それともマット・デイモンと同じ才能を持っているのか。

答えは判らないけど・・・どちらでもいいや。

posted by フェイユイ at 22:49| Comment(3) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

「ブラザーズ・グリム」パラノイア(妄想症)

サシャ.jpgグリムc.jpgグリムd.jpgグリムl.jpgグリムq.jpgグリムr.jpg

また今夜も「グリム」に耽溺させていただきます。
全くテリー・ギリアムの魔法をとくのは難しいようです。

なんだか、テリー・ギリアムで借りたにしては殆ど内容に触れず、マット・デイモン&ヒース・レジャーのことばかりでお恥ずかしい。しかもアジア圏ブログなのに「アジア以外の国」でこんなに浸ってしまうとは。西洋人を好きになってしまうなんてここ何年もなかったのに、なんてこった。しかも言っちゃ何だけど「グリム兄弟」なんぞに・・・泣。(これが「ブロークバックマウンテン」だったら格好もつくがこういうのを好きになるのが私らしいのかなあ)

悲しいのは他の方のブログをちらちら見てたら結構叩かれている?!ちっとも面白くないとかB級映画だとか、私が惚れてしまった兄弟達も兄と弟が逆だとか(えー、いや絶対マットが兄貴で正解ですよ。最初は確かにマットが弟役だったらしいけどね(笑))もっとかっこいい人がやって欲しかったなんてのもあったし(二人ともハンサムなんですけど(泣))マット・デイモンは作品を選んで欲しいなんていうのも・・・絶句。
褒めてくださっているのもあったけど非情な確率で悪評でした。
これから観ようかなと思っている皆さん!そんなことありませんよ!とーっても素晴らしく面白い映画なんです!!
それは最初の子供のジェイコブが雪の中を駆けてくる場面からすでにこの映画の雰囲気の重々しさが伝わってくるし、コントラストが強い画像も美しく、大人になった兄弟の登場の格好も意味深で心惹かれるではありませんか。

もしかしたらこの映画は表向きの軽くて笑いを含んだ表現のためにその中の重くて深い闇の部分が隠れてしまいそう思われてしまうのかもしれません。
確かにテリー・ギリアムは照れ隠しの冗談のせいでふざけた映画を作っているように思われてしまっている気もします。
黒い森の中で起きている事件が静かであるために人々は気づかないのかもしれません。
そして困ったことにこれを解読するにはかなりの知識が必要なのです、きっと(いや、私には知識はないんですが、すみません)無論「誰にでもわかるように作らない方が下手なんじゃないのか」という意見もあるでしょうが、これを誰にでもわかるように作ったらただの解説書みたいになってしまう。せめて謎のある面白さを感じて後で解読していけばいいのではないかと思うのですよ。
(しかしこれをケルトの森と書くのはまずいですよ。ドイツとアイルランドじゃ全然違うし)
そしてマット・デイモンとヒース・レジャーの演技。二人のしぐさ、言葉、眼差し、そういうのを見ているだけでもなんていいんだろお、とばたばたしてしまいます。ちょっとした目配り、指の動き、立ち居振る舞い、見ているだけで映画の世界へ引き込まれてしまうのです。

実を言うと私も判らないことだらけで、例えば何故虫がたくさん出てくるのか、馬は何故ジェイコブに色目を使ったのか、馬がエルシーを飲み込む場面は何を意味しているのか、数えていたらきりがない。イタリア人の存在も謎。それらはたぶん適当ではなくてグリムあるいはヨーロッパの伝承など知っている人にはわかるのかもしれない。そういうことが多すぎて難しくわかりにくいものになっているのかも知れないのです。ふざけた部分は目だってしまうのに。

泥人形のジンジャーブレッドマンも知っていなきゃナンだかわかんないだろうし、とか。

ジェイコブが塔の屋根に上る所のイマジネーションは素晴らしい。私は物凄い高所恐怖症なので見ているだけで膝がくがくなのだが、それまで本にしがみついていたジェイコブが活躍し始める場面。オタク少年が頂上に登り風を感じて地上を見る。それは監督自身の姿と重なっているのではないかと思う次第。

ジェイコブが兄ウィルの胸を刺してしまう場面。「父親殺し」という人間の成長の一過程があるが、弟ジェイコブがここで兄貴を殺してしまうことで一つの成長をしたと思うのである。兄貴も自分を殺させる事で弟との陰湿な過去(妹を死なせてしまった、という過去)を断ち切らせているのではないか。

そしてその後の弟からのキスで仲直りをしたグリム兄弟は改めて兄弟としての繋がりを強めていった、というお話。

また、女王が蘇生するために幼い少女達を12人誘拐してその血を飲むのだが、身代わりとして大人のアンジェリカが眠らされた。少女達と年齢が違いすぎると言われている向きもあるようだが、これは単にアンジェリカが処女だった、というのじゃないのかと思う。こういう「血」と言うのは大体、処女の血であるし、この時代、女性は随分早く処女でなくなっていたと思うので処女の生き血と言うならごく幼い少女になってしまうんだろうけど、アンジェリカはまだ処女だったのではないでしょうか。男をはねつけている雰囲気だったしね。

以上、書き綴ってまだとても語り足りないのだけれど、この「ブラザース・グリム」がとてもいい映画だと言う事だけは言いたい。
タイトルどおり「ブラザース・グリム」パラノイアの独り言と思ってもらっていいのですが。

無理な願いではあるが「ブラザーズ・グリム」をテレビの連続ドラマでやって欲しいのである。毎週あちこちの村を訪ねて妖怪を倒すわけですね。勿論主役はマット・デイモンとヒース・レジャーでなきゃ嫌だ。
これはまあ夢のまた夢ですね。

こういう記事を隣の部屋で書いていたよ。
posted by フェイユイ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ブラザース・グリム」マット&ヒース

昨日に引き続き(日付は変わってないか)だが、紹介の順番めちゃめちゃです。かんべん。

グリムf.jpg
マット・デイモンってこんなにゴリラ顔だったっけ。すてき。惚れた。

グリムm.jpg
繊細な弟をヒース・レジャーが演ず。可愛い。かつセクシーでもある。

グリムg.jpg
グリム兄弟の図。決まってるね。

グリムj.jpg
兄貴お手製の偽物鎧。意外と役にたつ。

グリムn.jpg
もう私は冷静にこれが見れないんだわ。兄弟って別に趣味じゃなかったんですけど〜。ふにゃ。
posted by フェイユイ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するグリム・ブラザーズよ!(マット・デイモンとヒース・レジャーに堕ちました)

グリムe.jpg
右・兄貴ウィル=マット・デイモン。現実主義者。弟を愛しているがいつもはしかってばかり。かなり臆病。
左・弟ジェイコブ=ヒース・レジャー。夢想家。伝承される民話を書き留めている。兄貴に反感を持ちながらもついていく。

グリムh.jpg
伝説の女王様にささやかれるジェイコブ。恍惚となっている。

グリムi.jpg
やはり女王様に気にいられるウィル。

グリムk.jpg
ウィルの手の上に乗ってるのはこの映画で一番のセクシーガール・かえる嬢。ウィルに舐められ誘惑のポーズ。可愛いんです!
posted by フェイユイ at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

「ブラザーズ・グリム」今夜もマット&ヒース

グリム.jpgグリムa.jpg


今夜も「グリム」です。

何度も言うが(すまん、うるさくて)このグリム兄弟にべた惚れなのであります。テリー・ギリアムは役者さんをとても素敵に撮る人だと思うのですよ。ていうのは、私はブラッド・ピットはまあまあ位なんだけど「12モンキーズ」のブラピはすんごい可愛いと思うからなのである。
で、この映画のマット=兄貴とヒース=弟はやっぱり凄くよい。マット・デイモンは他の映画と全く違う印象でゴリラ好きな筆者には最高の兄貴であります。弟役のヒースは初めて見るので他の映画とは比べられないんだけど兄貴にひたすらついていく様子が可愛いったらないの。アンジェリカを好きになったのにそのアンジェリカと兄貴がまんざらでもないのを見て馬に飛び乗って駆けていくのも切なくていいではありませんか。
と言うわけでこの兄弟のどちらかを選ぶなんてことはできなくてひたすら二人の掛け合いを見ていたい病になってしまった私なのでありました。

二人とも好きなんだけど、ヒース・レジャー=ジェイコブの色っぽさと言うのはどういうものだろう。
あの眼差し。夢想家で想いを秘めている。兄への信じて欲しいという想い。アンジェリカへの恋心。決して言葉にはできない想いを彼は目の中で表現している。
オタク少年の情熱をヒースはなんとも繊細に演じてくれたのだ。
死んでしまったマット兄貴を目覚めさせるためにキスをしようとするヒース=ジェイク。後ちょっとのところで「お前にキスされたくはないよ」と言われ止める。その時のヒースの表情がナンだか残念そうに見えるのはなぜ?

兄・マット・デイモン=ウィル。夢想家の弟と正反対の現実主義者。兄貴的にちょっと狡賢い面がある。臆病でもある。いつも弟をがみがみしかってばかりの兄貴だが、それは弟を愛する気持ちの裏返しであったのだ。
弟と違ってあまりスィートな表現のないマットだが、塔に住む女王の魔法で互いを刺そうとする羽目になった時、自らを犠牲にした兄貴は素敵だった。
そして女王に魅入られた時のマットはさすがにうまいねえ。「リプリー」でもぞくぞくとする色気を持っていた彼だが、ここでも最後にその威力を思う存分発揮していましたね。

もう一人、見落とせないお人が。謎のイタリア人、カヴァルディ。こういう人物はファンタジーには欠かせない。顔といい雰囲気といい傑出してます。
グリムに対する態度の変化がおかしい。マゾなのかサドなのかよく判らんとこもいい。

テリー・ギリアム監督インタビュー

予告編

あの可愛いかえるちゃんには監督も深い思い入れがあったと知って納得。この映画最高のセクシーシーンですので(笑)
posted by フェイユイ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

「ブラザーズ・グリム」マット・デイモン&ヒース・レジャー

「グリム」と言うタイトルにしてはそれほど突っ込んだグリム童話ではない、と思われる方もいるのかもしれないが、この映画はあくまで「グリム兄弟」であって、「グリム童話」ではないからであろう、と思っている。
兄弟萌えにはおススメの作品なのだ。

昨夜観てから、すっかりマット&ヒースのグリム兄弟にはまってしまった。なぜ兄が弟に弟が兄になってるのかはまだわからないが。あべこべの世界、という比喩なのだろうか?

マット・デイモンは何作か見ているが今回のウィル兄さんが一番好きである。こんなにゴリラ顔だったっけかなあ、と思いながらもゴリラ顔好きには申し分ないお顔立ちであります(私には前回サッカーワールドカップのドイツ代表ゴールキーパーであるオリバー・カーンが理想なのです)現実的でちょっと身勝手で結構怖がりである。
弟ジェイコブのヒース・レジャー。まだこの顔しか知らないが、繊細かつ情熱的なジェイコブを魅力的に演じています。時折見せる思いつめた表情にはっとしますね。夢想家でそのため向こう見ずな所もある弟だ。

ところでこの映画の導入部。貧しい家。病気の妹のために弟ジェイコブは牛を売りに行ったのだが、騙されて豆と交換してしまった。
ん、これはイギリスの民話であってグリムじゃないのでは。別にグリムだといってるわけではないから文句は言い難いが。それとこういう場合、お兄さんが行くべきじゃないのか。このことが弟のトラウマとなる。

グリム兄弟の仕事は村を回ってはそこに伝わる物語を聞いて書き留めること。それをまとめたものが後世に残っていくわけだが、映画のグリム兄弟はちと違う。話を聞くまでは同じだが、そこにでてくる魔女を捕らえたり事件を解決する事で大金を巻き上げていくのだ(ドイツ国民から怒られそうだが)これを兄弟、力を合わせて仕掛けを作り芝居をするのであった。

そしてグリム童話といえば黒い森(シュバルツバルト)。赤頭巾が木の枝に引っかかっている様子は恐怖を感じる。
女の子達が次々とさらわれていく事件が絡んでくる。すでに10人の少女が狼にさらわれたと言う。
話を聞くグリムたち。書き取っていく弟ジェイクと傍らに立つ兄・ウィルの姿がなかなか決まっている。
かくしてグリム兄弟は少女失踪事件の謎を究明することとなる。そこで森の道案内をするのが女だてらに猟師をしているアンジェリカ。女性の登場で兄弟との恋愛模様が予想されるがこの女性、兄貴が好きなのか、弟なのかよくわかんないなーと思っていたら、結局は何もなかった(笑)通例としてヒロインはどちらかと恋に落ちるはずでは。テリー・ギリアム不思議である。

物語は様々なグリム童話を絡ませながら進行する。眠り姫、ラプンツェル、ヘンゼルとグレーテル。そしてシンデレラを現すためにマット&ヒースが女装。小間使い姿でお掃除している。

兄弟に絡んでくる奇妙なイタリア人がカバルディ。なぜかフランス軍の手先である。拷問が得意であるらしい。いじめられキャラでもあるが。
一体彼がナンなのかまだよく判らない。

村の娘サーシャが捕らわれ泉に浮かぶシーンはオフィーリアのようである。これはシェイクスピア。色んなものが溶け込んでいるのだ。

幻想的な場面が次々と出てくるが少女が馬に飲み込まれるシーンが特に印象的だ。少女は「大きな目ね、大きな耳ね、可愛い口ね」と馬に語りかける。これは赤頭巾ちゃんがお祖母ちゃんに化けた狼に言うセリフだ。

テリー・ギリアムと言えば「ジャバーウォッキー」から好きになった。本作はそれを思い出させる(と言っても見たのは遠い昔の事。もう一度観て観たい。

昨日も書いたがこの映画はとにかくマット&ヒースの演技に尽きるのではないかと。
グリム兄弟、よいです。

次にグリムのキスシーンの一歩手前をアップしておく。興味のある方はご覧ください。
続きを読む
posted by フェイユイ at 23:32| Comment(2) | TrackBack(1) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ブラザーズ・グリム」テリー・ギリアム

cap145.bmp

こんなに早く観れるとは思わなかった「ブラザーズ・グリム」驚きです。

前半のみにしておこうと思ったんですが、面白くてとうとう最後まで鑑賞してしまいました。
何しろグリム兄弟を演じているのがマット・デイモンと今話題のヒース・レジャーなのですから途中でやめるのは難しいものです。
マット・デイモンが兄・ウィルをヒース・レジャーが弟ジェイコブを演じています。と、ここで疑問。グリム兄弟は兄がヤーコプ(=ジェイコブ)弟がウィルヘルム(=ウィル)だったと思うんですが?それに裕福な家庭に生まれていると思うのでここまで悲惨な生活ではないんじゃ。まあ、それはどうでもいいんですがね。(ギリアム監督の作ったグリム兄弟なのでしょう)
強い兄弟愛に結ばれていたという評判のグリム兄弟ですので映画でもマット・デイモンとヒース・レジャーの熱々ぶりが期待されるかというとこれがかなり表面的には劣悪状態。が、考えたらそれでもいつも一緒にいるわけだし、そこここでやはり仲のいい所を見せつけられる。特にヒース・レジャー弟は何かというと「兄さん、兄さん」なので可愛い弟ではありませんか。要するに仲良し喧嘩状態でして、最後には兄の緊急事態に弟が兄に熱い接吻をする!かという場面が!!(「ブロークバックマウンテン」を観てからみたかったー!と痛烈に後悔。きっとあれをみてからこれを観たらかなりおかしかったのでは。ってそのためにBBMを観るというのも失礼な話かな)兄弟愛がお好きな方にも絶品な一作でしょう。

肝腎の中身には何も触れないままでいるが、これはとにかくグリム童話好き、もしくはテリー・ギリアム好きなら夢中で観てしまうことでしょう。私はグリムはなかなかはまってしまった口なのでタイトルを見ただけでヨダレがだらり。しかもテリー・ギリアムが監督なら見ないわけにはいきません。
いくつかこの手のゴシック要素の映画を好んで観ましたが、映像のらしさといい、高得点ではないでしょうか。テリー・ギリアムなのであんまりドまじではなく笑いの要素が多いのもまたよいですね。(ティム・バートンの「スリーピー・ホロウ」もおかしく怖い映画で好きでした。どっちがいいかは比べ切れませんが、ジョニー・デップ一人とマット+ヒース二人でちょいとこちらが色っぽい?)
グリム兄弟にまとわりつくイタリア人のカバルディがいい味出してました。

とにかく主人公兄弟二人が抜群によくて、マット・デイモンのもともとゴリラ顔なのが今回余計にゴリラで素敵でした。ヒース・レジャーは私は初めて観た(!)のですが色っぽい方ですね。こんなに可愛いくていいのかと思うほど、兄を慕いつつ、反発しつつしている姿が切ない弟です。

テリー・ギリアム目的だったはずなのに、マット+ヒースの話ばかりになってしまいました。二人のファンなら身もだえできる作品だと思われます〜。

実際のグリム兄弟って凄くて、二人が別れて生活する際、弟は兄に「僕が兄さんをどんなに愛しているか、兄さんにはわからないんだ」という手紙を書いてるそうで、兄も「もう僕達は一生離れるまい」というお返事をだしたそうな。しかも兄は一生独身で弟夫婦と暮らしたという(奥さんはさぞかし迷惑だったに違いない)そう思いつつマット+ヒースを眺めているのもまた一興ではありませんか。
(映画と関係ないって)

監督:テリー・ギリアム 出演:マット・デイモン、ヒース・レジャー、モニカ・ベルッチ 

マットに舐められたかえるさんが可愛かった〜。きっと女の子だったにちがいない。(あ、婆さんっていってたっけ)
posted by フェイユイ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。