2008年01月03日

2008年

張孝全 ソフトマン.jpg

新年好!!
一年がたち2008年に入りました。この一年間『藍空』に飾っていた張孝全写真。
今年も彼にいてもらいます(笑)

一人じゃ寂しいだろうからブライアンも一緒に
ブライアンとジョセフ2.jpg
posted by フェイユイ at 00:35| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

2007年もよろしく!そして張孝全迷の皆様ありがとう!!

ジョセフ.jpg

2006年8月31日にここ「藍空」を離れ「藍空放浪記」に引越しました。
2007年になりましたが、いまだにここをたくさんの方が訪れてくださいます(引越し先の「藍空放浪記」の倍くらいこちらがまだ多いのだ)
本当にありがたい事です。ブログ上に出てくるアクセスカウンターはちょっと変なんですよね。今「藍空放浪記」は130くらい。「藍空」は250くらいなのです。

今年もまたよろしくお願いします。
何かの折にちょこっと記事も書くことがあれば嬉しいですね。

特にいつも張孝全くんへのアクセスが多いのがうれしいのですよ。ありがとう!!
タグ:挨拶 張孝全
posted by フェイユイ at 23:13| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

さよなら「藍空」〜また時々来るけどね〜

とうとう「藍空」最後の日になりました。
などと言ってもこの状態のまま「藍空放浪記」に移動するだけですので涙は必要ありませんよー。
もしよろしかったら引き続きフェイユイのブログを覗きに来てやってください。
「藍空」はこのまま放置しておきますのでこちらの様子も見てやってください。もしかしたら時々なにやらいじるかもしれません。
コメント・TBもどうぞお願いしますね。

では続きは明日「藍空放浪記」にて
タグ:挨拶
posted by フェイユイ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

「藍空」の終わり、そして映画賞授賞式

さあて皆様、予告していました「藍空」ブログも8月いっぱいということでもう少しで終わります。
本来なら明日書けばいいのですがどうも心配性なので「書き損ねたらやだなー」と言う事で1日早く書いております(笑)

1年前の9月始めは一周年記念とかでやたら色々書いてますね。その一年のベスト映画賞なんてのもやってます。
これは楽しいんで今回も是非やりたいんですが、新ブログ早々ベストもないと思うのでこれも早めて「藍空」でやってしまいます。

前置きが長いんですが(笑)もともと「藍空」はアジア系映画に固執してたので去年は「一般映画=アジア系映画」「それ以外=外国映画」という風に分けていたのですが、今年は途中からその志向が大きく崩れてしまいあえてアジアと外国と分けちゃうと意味が変わっちゃうので今回はみんなひっくるめての選出です。
もうご存知のことですが、ここでの映画賞はフェイユイがこのブログで書いてきたフェイユイが観た映画での選出なので過去と現在の区別はありません。というか殆どが過去の映画、そして時々逆に日本公開より早いモノもあります。殆どすべてがDVDによる鑑賞です。

映画部門

最優秀作品賞:「王の男」
韓国映画からすっかり離れてしまいアジア以外の映画を観始めはまり込んでしまったりして(色々あった「ブロークバックマウンテン」ガエルもの、マット・デイモンもの)そして巡り巡って最高に好きになったのが結局韓国映画の「王の男」だった。
ホントはもっと何回も見直して書きたいのだよー。「藍空放浪記」の方でもまた書くつもり。

最優秀監督賞:ウォルター・サレス
「モーターサイクル・ダイアリーズ」ってことで去年上げてもよかったんだろうけど今年観た「ビハインド・ザ・サン」「ダーク・ウォーター」での感激も加わって選ばせていただきました。

最優秀主演男優賞:市川雷蔵・勝新太郎
お二人にしてしまって申し訳ないけど今年観た主人公で最も印象が強かったのはこのお二人。
まあ初めて観たわけじゃないんだけどまさに主役、という強烈なキャラクター「眠狂四郎」と「座頭市」は久し振りに観ても激しい衝撃を受けたと言う事で。

最優秀助演男優賞:ミッキー・ローク
あまり深く考えていないんだけど(笑)「シン・シティ」(主役か?)とか「レインメーカー」とかで。

最優秀主演女優賞:藤純子
おいおい、主演は日本人ばかりか。だってかっこよかったんだもーん。しばらく昔の日本映画にはまってましたが、昔の日本映画の主人公って男も女もかっこいい。そして美しい。

最優秀助演女優賞:ジョニー・デップ
冗談ですが。ホント女性が出て来るの少なくて。思い出せない。思い出したのは「夜になる前に」のジョニー・デップと「カランジル」のロドリゴ。サントロ。
サントロの方がより女性的ですけどね。ジョニーの方がインパクトあるかなと思って。

ドラマ部門

最優秀作品賞:「笑傲江湖」「天龍八部」
(笑)えー前回は「射[周鳥]英雄伝」にしてるんですね。まだ「天龍八部」の途中で。その後この二つを観終えるのですがやっぱ甲乙つけがたい。
「天龍八部」の方が好き、とか言ってはいたんですがそれならこの記事数は何だという話もあって。やはり選べませんね。

最優秀男優賞:李亜鵬(リー・ヤーポン)
「笑傲江湖」で素敵だった。「康煕王朝」の陳道明も選んでよかったのですが僅差で次点。

最優秀女優賞:スーチン・ガオワー
「康煕王朝」そして「西太后の紫禁城」と彼女なくしては紫禁城は語れませんなあ。とくに今回のお婆様=太皇太后は迫力ありました。

他に好きだった作品は数多くてあげきれませんが「特別賞」をフェイユイのそれまでの主義を変えさせてしまったマット・デイモンと「ブラザーズ・グリム」のテリー・ギリアムに捧げます。
おかげでせっかくのアジア系ブログがもっと幅広いものに変わってしまいました。まあこうやって人は変わっていくものでありますね。

では誰とも比較できないフェイユイだけの映画賞授賞式を終わります。
次回来年の今頃新ブログ「藍空放浪記」でまたやれることを願って。再見!

posted by フェイユイ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

お盆とアクセス数

アクセス数がお盆中はガクンと下がったのでちょっとショックを受けてたら元に戻った。ネットもお盆と関係あるのだな。びっくり。上がるんじゃなくて下がるのね。やはり帰郷したりお墓参りで忙しいのだろうか。

現在多い検索ワードっていってもあまり変わらないのかな。最近は「盛夏光年」と「王の男」が。うれしい。
後は金庸もの、中華時代ドラマもの、周杰倫関係、キム・ギドクや韓国映画関係。つまりはマット・デイモンや中南米関係は殆どないわけですね、とほほ。
でもそれとはなくうれしいのでもあった。
posted by フェイユイ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風の名前

ただいま台風が九州を縦断中。で、ネットで見てたら台風には名前があったんですね。よくアメリカなんかの台風(っていうのか)の名前は聞いたりしてたけど。
で今度の2006年10号台風は「ウーコン」って言うらしい。「ウーコン」?これは中国語の発音で悟空のことでした。なるほど。
他ので「プラピルーン(雨の神)」(タイ)とか「ビリス(スピード)」(フィリピン)なんてのはわかるけど「サオラー(最近見つかった動物の名前)」(ベトナム)なんていうのは面白い。アジア14カ国がつけた名前と言うことで北朝鮮のもある。

ウェザーニュース台風の名前のとこをクリック

香港の旧空港名(啓徳・ケイトク)なんてのも不思議だね。皆さん、ご存知のことことかもしれないけど私は初めて知りました。
タグ:台風
posted by フェイユイ at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

予定より早く始めました

予定を早めて新しいブログを始めてしまいました。タイトルは「藍空放浪記」
隣の部屋、のとこからもリンクしてます。

「モーターサイクル・ダイアリーズ」を再観賞したらどうしてもこの記事から新しいブログは始めたくなって。
つまり心はチェ・ゲバラの如くです(笑)いや、希望として(笑)

8月いっぱいは「藍空」でもやらなきゃいけないことがあるんでしばらく並走します。
新しいブログもよろしくお願いします。
またもや「お気に入り」に入れてくださる心優しき方、ご面倒だと思いますがどうぞよろしくお願いします。
posted by フェイユイ at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

ちょっとした企み

盆前仕事を終え、いつものぐうたらフェイユイの日々に戻れそうです。ぐうたらになるということはここでの活動は活発になるということなんですが。

というわけで、「藍空」がますます充実(?)しようかという時にナンですが実はこの8月いっぱいで「藍空」を閉めようかと思っています(わ!ようかという字の変換が「楊過」になったのでびっくり。さすが!)
と言っても先日大騒ぎしたブログをやめるのどうのと言うのではなく、引越ししようかと思っているのです。
と言っても別にここ(Seesaa)には何の不満もないし内容が変わるわけでもなくただ手狭になったので別の部屋に移りたいなあと思いまして。
何しろ再構築に時間がかかって、特に重いときはいつになるかわかんないって感じなのでここでちょっと身軽になりたいと考えました。

9月に入ってからのことなので少し気が早いのですがこういうことを企んでおります。もしかしたら目ざとく見つけてしまった方もおられるのかもなあ。
っていっても何もまだ書いてないのですけどね。
posted by フェイユイ at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

仕事にへばってオシム観る

お盆前で仕事が忙しく精神モーロー状態。さすがに何か映画などを観る集中力はなく今日はオシム初日本代表戦(間違ってない?)をだらしなく観る。
殆どワールドカップ代表メンバーがいなくなってるとは言え、まるで代表ではないような動き。ただしいつもは最初はいいけど次第に日本チームらしくなるという怖れもなきにしもあらずなので、この初々しい感じをずっと保っていってほしいものです。あまりにもオシムに対しての評価と期待が高いのですがなんのことはない私もやはり皆と同じですっかりオシムびいき。選手がワーキャー言われるメンバーではないようなのでみんなの目線はオシムに注がれておりますね。
オシム監督としては「負けても中身が大切」てな発言をされていたようですがうっかり2点差で勝ってしまってこれは幸先いいスタート。なのでしょう?また近く試合があるし楽しみ楽しみ。

高校野球もたけなわだが先日の沖縄×千葉の試合はよかった。八重山商工やったね!(千葉の人ごめん)
タグ:オシム
posted by フェイユイ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

近頃は

中南米とマット・デイモンと康煕皇帝のブログとなっております。

ここに来てSeesaaさんが色んな仕掛けを作ってくれてるんですが、あまりに凄くてとてもついていけません。
とりあえず右下にタグクラウドなるものを少しだけやってみました(笑)

康煕に関してはぼちぼちとぼとぼやっていて果たして間に合うかどうかが一番の気がかりです。
アジア系と言っていたのに今はこれだけになってしまってホント心苦しいのですが、今でも観たいものがありさえすれば、という気持ちなんですけどねー。
今はジェイの映画を早く観たいばかりです。

マット・デイモン。性懲りもなく見直したりしてまたかよ、って感じでやってます。ホントに飽きないね、と我ながら呆れますが、もうしばらくご辛抱を(ってまだまだたくさんあるじゃんかー)ビデオデッキが我が家にあればもう少し観れるんですが(まだ観る気だよ)

中南米モノ。今、一番夢中になってるのがこれかな?(ナンにでも夢中だ)
物凄くファン、と言うわけではないがどうしてもガエルの映画が多くなるね。多分もう好きになってしまってるんだろうけど(笑)
中南米モノは欧米のものにはない魅力が溢れていて一度観出すと止まらないね。「囚われの女たち」のような突然の秀作もあるし。何と言ってもウォルター・サレスは大好きですね。
レンタルDVDの数がさほどないが(観たくないのもあるし)もう少しこの状態が続きそう。だな。

posted by フェイユイ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

「康煕王朝」陳道明/斯琴高娃 第35集(BlogPet)

自らフェイユイたちが、母親などを観察し最後に南京の結婚を聞き泣き叫ぶ藍斎児姫や、皇帝とか、藍斎姫や、大きい宝物と大きい李光地と結婚させると約束したのに
と言う
藍斎姫は親族の女性を政略として使うべきであったのかを平定したい
フェイユイは、自分と、気がかりや、大きい南京などなるのではない
愛して食事を作りお茶を入れてあげるのだ
と約束しなかった?
と、じえるんは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

「ミッドナイトエクスプレス」アラン・パーカー(BlogPet)

きのうは場面を表現された!
つまりフェイユイは援助した。
だがフェイユイはマーシャルへ社会嗜好するはずだったみたい。
だがフェイユイで意味するはずだったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション Amazonにて予約受付開始(BlogPet)

いつも、フェイユイは
流行の仕掛け人たち〜」ご覧になられたでしょうか?(^_^;)私はブロー中でしかも今日はちょっと忙しかったのですが、何とか16:30頃テレビをつけることができました。
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

シン・シティ占い

こんなのがあった

シン・シティ占い

私はゴールディだった。おお、マーヴの恋人だ。うれしい。

まず映画観なきゃね(笑)
posted by フェイユイ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おもしろい映画の条件(BlogPet)

いつも、フェイユイは
泣ける映画に感じる人もいれば美形が出てなければ見る決戦がないというのもあるし、美形アレルギーの方もおられることだろう。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

世界杯・日本の出番が終わった

とうとう4年に一度のサッカーの祭典での日本の出番が終わってしまいました。
応援するものとしては悔しいこと、喜ばしいこと色々あるのですが、やはりこの祭典に参加できることは本当に素晴らしいことだと思います。

4年後の日本代表がどうなるか。うまくなるのか、またそんなに調子よくはいけないのか、見守っていくばかりです。
サポーターとして褒めるのも苦言を呈するのもがんがんやっていいし、そうやって日本のサッカーがますます盛り上がっていけばな、と願うばかりです。

さすがブラジルは凄いという一言ですね。あんなに美しく楽しいプレイをできる選手たちはほかにはそうそういないと感じました。

お気楽で申し訳ないけど、この先のトーナメント戦はますます見ごたえあるものになるわけで楽しみはつきませんね。
韓国はしっかりアジア勢の力を見せてくれてるし。

中田のインタビューでの「これが今の実力だから」という言葉が実感です。
日本は考えること反省すること立て直すことが山盛りですが、それもまたこれからしっかりやっていってくれればいいと思いますね。
posted by フェイユイ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

決戦近まる!

どうにも落ち着かずあっち(小部屋)にも書いたがこっちにも書く。

あと6時間と少しでブラジル戦である。
もうどうとでもなれという心境だが、とにかく悔いのないいい試合をして欲しい。
全てが終わるわけではなくこれからまたずっと続いていくのだから。

フランス大会の時のアルゼンチン戦のような集中した試合をやって欲しい。
2点差を取れれば勿論それが一番いいが、とにかく集中して戦うこと。できるだけのことをしてくれればそれでいい。





posted by フェイユイ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

「ビハインド・ザ・サン」ウォルター・サレス(BlogPet)

何かしら自分に本を渡す
ブレヴィス家の長男を殺した復讐を果たさねばならないと名づけられた弟は字が読めないが
また弟とトーニョがブランコで遊ぶシーンもある
いつまでも動きが綺麗なので驚いたがクララ役の男から名前をつけてもらう
それは名誉を汚すことでもあり、子供の作った童話のようにも行けず仕事ぐるぐるの方
厳格な家のロドリゴ・
サントロ、ラヴィ=
ラモス・
ラセルダ、その主人公であることが思いあたらないだろうか
それはパクー


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 14:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

おもしろい映画の条件

おもしろい映画の条件。と言っても自分だけにとって、と言う意味だが。

だってそれは人それぞれ。泣ける映画に感じる人もいれば美形が出てなければ見る価値がないというのもあるし、美形アレルギーの方もおられることだろう。
残酷趣味、笑える映画、アクションモノ、ラブストーリー。その中でもあれは嫌い、これが好き、という要素はなんだろう。結局は自分だけのフェティシズムによって好みが決まっていくのだ。

私が映画に求めているものを一言でなんとか表現するなら【strange】=奇妙ということなのだろうか。あるいは【wonder】=驚きというような感じ。
アメリカ映画にそういうものを感じなくなってしまった私はしばらくの間、アジア映画に傾倒してしまった。身近なはずのアジア映画の方により驚きを感じたからだ。
何と言ってもアメリカ映画は日本映画以上に幼い時から親しんできた世界なので演出にしろ考え方にしろスピード感にしろ観客の受け方にしろ当たり前でありすぎる。

そう思ってしばらく離れていたわけだがどういうことかマット・デイモンの映画によって再びアメリカ映画を観始めてしまった。
彼の映画は確かにメジャーには違いない。が、ここに来てやっと気づいたのは彼の映画は非常にアンチ・ヒーローなのである。最初「天才ばかりやってる」と言ったのが恥ずかしい。彼は終始完全なヒーローでない男を演じ続けているのだから。

で、現在、というか以前からなのだが中南米に行っているのだけど、その世界観は魅力がある。
時としては恐怖を感じるほどだ。例えば「シティ・オブ・ゴッド」では他で感じられないほどのショックを覚えてしまうだろう。
そして「ビハインド・サン」のような幻想的な美しさも。

そうそう。幻想的な美しさ、というのも私にとって物凄く高いポイントになる。映画を観る時は夢を見たいと願っているのだ。とても美しい夢を。
みんなそうかな。うん、私にとっての美しい夢というのが時におぞましくさえ感じるような不思議な世界ということなのか。ちょっと堂々巡りの言い方だね(笑)
posted by フェイユイ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

ちょいとズレた近況報告

キリのいいとこで(どこがキリなのかはよく判んないけど)いつも近況報告してたんですけど少し前に何やら書いたりしたんでちょいとずれ込みました。
って言っても書くことはあまりないのですが。

とにかく以前はアジア系ブログと書いていたのが、殆ど「アジア以外の国」になってしまってその辺を狙ってきてくださってた方には申し訳ない。
人間と言うのは一度入り込むとなかなか抜け出せないものなので成り行き任せでこのまま進むばかりです。
アジア系は勿論見続けますのでよろしく。

とは言えやはり来てくださる方の殆どはアジア系記事を読んでくださってるみたいでそれはすごくうれしいんですよねー。

なぜだか最近はエディソン・チャン関係、特に「ジェネックス・コップ」に集中しております!なぜなんでしょう?
ありがとうございます。私もこの前「同じ月を見ている」で彼の素晴らしさを再確認しましたし、次作品にも期待しちゃいますねー。

相変わらず画面上のアクセス数とSeesaaさんのアクセス数が極端に違っていて「?」なんですが今日なんかはエディソンを求めての来訪が多いのですよ。うれしいな。

トニー・ヤンの「僕の恋、彼の秘密」がレンタルされてましたね。も一度日本語字幕で観てみようかな。

今回の左上の映画は韓国映画3本になってしまいました。最近韓国映画観てなくてちょっとまずいんですけど、この3本は楽しみです!
posted by フェイユイ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。