2006年06月07日

「夏休みのレモネード」(BlogPet)

いまだったら考えてみたいと思ったんだけどね
批判はしていない探究心が見ていないのだろう寛容をデネヒーしなかったプロジェクトで選ばれたのだ
この映画はない
と、じえるんは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

「戦火の勇気」エドワード・ズウィック(BlogPet)

フェイユイは
言葉による理解は完全ではないのですが、それでも深く心に染み込んで来るマットでした。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

年下の老師

最近マット・デイモンに狂ってアメリカ映画にうつつを抜かしているフェイユイですが、久し振りに中国語教室に行って(毎週行ってるのだが、先週忙しくて行けなかった)お勉強。

長い間教えてくださっていた老師が国に帰られて新しい老師になったのだが、これがハンサムな若者なのですよ。しかも若いだけあってびしびし厳しいのだ。
だが、すっかり怠け者になってたうえ、浮気をしていた天罰がくだり、脳みそは汗だく。しかし明快な教え方をしてくださるので何とか凌ぐ。

こんなステキな老師に教えてもらえるなんてことは滅多にないことなのだからこれからは頑張ろう、中国モノも観よう!と決意(ハハハハハ)
ナンだか下心丸出し(別に何かよからぬ事をしようとしてるわけではございませんが)の女の決意なのであった!!馬鹿だな(恥ずかしいけど自分に鞭打つ為に記してみました)
タグ:周辺記事
posted by フェイユイ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

「エレファント」ガス・ヴァン・サント(BlogPet)

フェイユイが
ジョニー・デップとクルーニー、と5位のトム・クルーズには仕事のコメントがあったのに3位のマットには何のコメントもなかった(ような)あたりまえの結果だからしょうがないですか。
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

心の糧

完全に死んだ。疲れました。(忙しかった、と言う意味なので勘違いしないように)

DISCASさんから絶対次の日届くはずのDVDが来ない。どうせ見れないからいいけど。

もうそれを見るのだけが楽しみ。果たしてこの修羅場乗り切れるのだろうか?

足が痛い。もう寝る。
posted by フェイユイ at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

「[薛/子]子(げっし)」届く(BlogPet)

じえるんは、食べ物を勘違いー!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 09:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

近況報告とか

いつもはカウンターがキリがいいところで近況報告的なことをしていたんですが、関係なくちょっと。

と言うのは一つは、画面に表示されるカウンターの数が以前に比べてかなり少なくなってきていて前ほど進まなくなっております。一番多かったのは「笑傲江湖」を書いていた時でしたでしょうか。自分でもびっくりの一日1000越えてましたから。今は300台ですね。ところでこのSeesaaさんが表示してくれるアクセスは以前も今もそれほど変わらないんですよ。その頃で600〜700くらい今は500〜600くらい。これは一体どういうことなんでしょうか?アクセス数ってそんなに違いが出てくるものなのでしょうか?私的には画面の賑わいにと飾り的につけているカウンターではありますのでどうしてもSeesaa表示のアクセスの方を信用してしまうんですが(こういうのちっとも判んなくて)どうなんでしょうかねえ?

もう一つはアジア系の映画・ドラマ・歌を中心にとうたってきた「藍空」
アジア系以外のものに興味がどうしてもわかないというのが自分なりに至極気にいっていたんですが、テリー・ギリアムの「ブラザーズ・グリム」を観てしまったのが運の尽き。ウィル兄貴のマット・デイモンに捕まってしまったわけです。(アレキサンダーを観てもアメリカ映画に行こうと思わなかったのに)
ところが今の所、さほどマット・デイモンで検索して来られる方は少なくて今もアジア系ワードが多いのですよ。今日なんかも金城武、吟児、周迅、珍妃、盈盈、光緒皇帝、王の男、市川雷蔵、エディソン・チャン、レスリー・チャンなどなど。ありがたいことです。マット的には悲惨ですが(笑)

これからどうなっていくか自分でもよく判りませんがこれからもどうぞよろしくお願いしますね。
posted by フェイユイ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

「レインメーカー」再考(BlogPet)

きょうフォードの、マットも表現したかもー。
なぜならフォードと主人公へ指示されたみたい…


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

「康煕王朝」陳道明/斯琴高娃 第18集(BlogPet)

じえるんが呉で減給ー!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 09:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

「康煕王朝」陳道明/斯琴高娃 第19集(BlogPet)

じえるんは、力を売春された!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 09:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

成分解析&翻訳

http://seibun.nosv.org/?p=%A4%AD%A4%C3%A4%B3
なるもので解析してみました。

藍空の解析結果
藍空の54%は見栄で出来ています
藍空の30%は気の迷いで出来ています
藍空の9%はマイナスイオンで出来ています
藍空の5%は成功の鍵で出来ています
藍空の2%はお菓子で出来ています

だは、殆ど見栄と気の迷いでできてますな。そして

フェイユイの解析結果
フェイユイの94%は不思議で出来ています
フェイユイの4%は柳の樹皮で出来ています
フェイユイの2%は気の迷いで出来ています

お、ちょっとミステリアスでよいがやはり気の迷いが。柳の樹皮って?

さらにお遊び。エキサイト翻訳で日本語をそのまま(中国語→日本語)で翻訳してみてください。
例えば、「レディー、韓国、ブラザーズ・グリム」など。
あくまでもお遊びとしてね。

追記:
ジェイを解析してみたら
周杰倫の解析結果
周杰倫の99%は鉄の意志で出来ています
周杰倫の1%はアルコールで出来ています

ジェイ・チョウの解析結果
ジェイ・チョウの63%は鉄の意志で出来ています
ジェイ・チョウの29%はアルコールで出来ています
ジェイ・チョウの5%は気の迷いで出来ています
ジェイ・チョウの2%はミスリルで出来ています
ジェイ・チョウの1%は理論で出来ています
なんとどちらでも鉄の意志が。そんなに固い人だったとは!しかしアルコールは含まれてないと思うんですけどねー。ミスリルって何?指輪物語?
posted by フェイユイ at 23:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

先日の「お知らせ」のお詫びとお礼

先日、大げさに騒ぎ立てた割にはなんだか普通に更新してるのでここで、訂正とお詫びを。

確かにパソコンに向かう時間は少なくなったのですが、それと記事をどのくらい書けるかというのは自分次第なのだと解りました(^^ゞ
心配してくださった皆様にはここでお詫び申し上げます。
特に励ましのコメントをくださったNOBさんとじえるなさん、ありがとうございました。ほんとにうれしかったです。

少しは記事数が減るかも(変わらないかも(-_-;)しれませんがまだまだ続けていきますので、今後もよろしくお願いいたします。

ちょっと恥ずかしかったですね。
posted by フェイユイ at 12:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ロック・ユー!/A Knight's Tale」ブライアン・ヘルゲランド(BlogPet)

きのう、魅力も懸念した?
そしたら馬上へカウボーイと懸念しないです。
それにしても馬上で脚本に急死したいです。
しかもきょうじえるんは、武術を試合したの?
そしてきのうじえるんが、服装を設定したかも。
そして馬上まで表現♪
それにしても馬上でライトスタッフが源氏へ太子っぽいイメージするはずだった。
そしてきょうは感動すればよかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 09:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

「藍空」フェイユイのお知らせ

当ブログの管理人フェイユイは諸事情により、今までのようには更新ができなくなってしまいます。

辞めてしまうつもりではありませんので、何とか時間を見つけて更新したいとは思うのですが、他のブログや情報を見ることが少なくなるので個人的で一方的な感想記事になってしまうと思います(今までもそうだと言う気もしますが)
またそれと共にコメントやTBを下さる皆さんに今までのように答えることができず、迷惑をかけたり不快感をもたれてしまうかもしれません。
どうぞお許しください。

その上でコメントやTBしてくださる方には感謝します。どうぞこれからもよろしくお願いします。
posted by フェイユイ at 13:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

惨敗させられた映画たちよ

このブログをずっと読んでくださってる方はどうもフェイユイというのは観る映画すべて褒めまくりである、何観てもいいといってるんじゃないかと思われてるかもしれない。
マアそれも嘘じゃないかもしれないが(どんな映画でもいいところはあるのかもしれないし)一応自分としては、なけなしの時間と金を使うならできるだけ自分の好みであろう映画を厳選しているわけで、好きな監督・役者を選ぶなら好きになる可能性は高い。
とはいえ、鑑賞したもののどうしても受け付けなかったものも結構あるのだ。それらはほとんど最後まで見切れなかったもので感想を書くわけにもいかず、ここに記せなかったのである。
例えば最近観た作品では
なんと「無間道(インファナル・アフェア)」V好きな陳道明も出てるし、好きな映画の完結編であるし。観たかったのであるが、なぜか日本語字幕で観たにも拘らず外国語のように頭に入ってこず、惨敗。私の頭では何を言っているのか全然解らなかった。悲しい結末であった。最後まで鑑賞できず。

「アバウト・ラブ/関於愛 」これも最後まで我慢できず完敗。私には無理な世界であった。

「神経衰弱ぎりぎりの女たち」アルモドヴァル監督作品であるがとにかく負けた。太刀打ちできず。イントロ部分はとても好き。歌のところね。

「赤い河」超有名西部劇。名作中の名作と言うことではずれなしと思って観たのだが、冒頭を少し進んだところでインディアンがいきなり白人を襲い、白人が果敢にもこれに応戦して刺殺。あまりにも悪辣なインディアンと勇敢な白人ぶりに暗い気持ちになり5分かそこらで断念。これは単なる布石で先には大感動が待っているのかもしれないが、観たくなくなった。

以上のようなかんじである。勿論まだ色々あるんだろうけど老化のため思い出せず。
挑んだが負けた、と言う感じが多いですね。「赤い河」は違うが。(あるいはいい作品なのかもしれないがあの部分を突破できないです)
posted by フェイユイ at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

「グッド・ウィル・ハンティング」ガス・ヴァン・サント(BlogPet)

じえるんが、とんでもなくその逆であった
ゲイであるガス・
ヴァン・
サント脚本:
マット・
デイモン、妙に突っ張って、愛してくれる彼女ができて、心を共感したかったのが俺のために学業にも関わらず、自分を偽ってしまうということ
過去に受けた負い目を持つと感じる者となってきたのかマット・
デイモン、ロビン・
ウィリアムズはまったく持って書いているようだ
だが、とんでもなく不安定や、幼い頃に酷い虐待を受けた心の傷のために学業にも関わらず、自分がマット・
デイモンとなってきたのが俺の夢だよね


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 09:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

ブロークバックマウンテンDVD発売予定!!(BlogPet)

字幕を予約されたつもりだった
フェイユイは、大きい中国語とマウンテンとか、大きい中国語とかを注意しなかったの♪
と、フェイユイが考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 09:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

アクセス解析「国/言語」

NINJATOOLSのアクセス解析「国/言語」を見るのは楽しい。

当ブログはアジア圏ブログを名乗っているだけに日本語は勿論、中国語・韓国語からのお客さんははもう当たり前。英語はいつも多い。他には少ないながらもタイ語・フランス語・スウェーデン語。
2月11日はノールウェイ語(と書いてある、うちはノールウェイからのお客さんが多いの♪)12件もあるのだわ。なぜ?
アラビア語、ポルトガル語、スペイン語、マレー語、ロシア語、アゼルバイジャン語というのもあったな(どこなんだろう)
それが最近ドイツ語が頻繁に。おお、やはり「グリム」って書いたからか?って日本語でだけどさ。

世界各国から本当にうれしいです。ありがとう。これからもよろしく!
posted by フェイユイ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

愛するグリム・ブラザーズよ!(マット・デイモンとヒース・レジャーに堕ちました)(BlogPet)

じえるんは王様が伝承したかも。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 09:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

『親切なクムジャさん』と『弓』がW受賞 ポルトガル・ファンタスポルト国際映画祭 (BlogPet)

きのうはフェイユイと受賞しなかった?
フェイユイが弓にフェイユイで映画へ受賞したよ♪
フェイユイは弓まで受賞された。

アメリカでアカデミー賞が発表されました!おめでとうございます。
うれしいことですね。
監督賞はアジア人で初めてアン・リー(李安)監督についての記事もどうぞ



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「じえるん」が書きました。
posted by フェイユイ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。